2008年03月10日

3月10日・小笠原ゲームイラスト

沢邑勝海:本日の所持品
(クリックで画像が大きく表示されます)

【さしいれ:果実酒三種】
差し入れ:自家製酒
自作の果実酒。コーヒー酒・梅酒・パイン酒
店で販売してるのより甘さが控えめになっています。
ジュースやサイダー等で割って飲んだりお菓子の香り付けに使ったり出来ます。

●オマケ(現物)
差し入れ:自家製酒(本物)

【谷口へのお土産:トレーニング用のジャージ】
谷口へのお土産?ジャージ
薔薇のお礼(?)として沢邑がデザインして縫製したジャージ。
運動着・寝巻き・室内着等、あって困らないものだと考えて作った服。
(外行く時の服ではないですが……)

【高原家へのお土産:手製のガラスタイル】
高原家へのお土産その1:手製のガラスタイル01

高原家へのお土産その1:手製のガラスタイル02

古代技法であるパートドヴェール技法で製作したガラスのタイル。
庭園の飾りにでも使って欲しいと思って持ってきたらしい。
大きさは12cm×12cm×1.5cm。みっちりガラスの塊なので重いです。
(注:自作です。製作期間は3ヶ月半程度)

【おまけ:パート・ド・ヴェール技法について】
紀元前から吹きガラス製法が確立するまで使われていた古代のガラス作成技術です。
ただし、技術の大半が現代に伝えられてないため、現代では作家ごとにさまざまな独自改良が加えられているのが現状です。

●製作の流れ
1.粘土で原型を作りって石膏で型取りし、型を作成する
2.配合したガラスの粉を型に敷き詰めてゆく
3.炉で焼成し、除冷する
4.余分な所を削り取り、気に入る形になるまで研磨し続ける。
たったこれだけですが、凄く時間がかかります。勿論量産も出来ません。

参考リンク:ウィキペディア「パート・ド・ヴェール」
posted by 沢邑勝海 at 17:50| 小笠原ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。